単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Miles

日本映画界が誇る名優・高倉健が、中国の名匠チャン・イーモウと組んだ話題作。息子への情愛を胸に秘めて中国へと旅立った男と、現地の人々との交流を映し出す。監督:チャン・イーモウ、降旗康男、 キャスト:高倉健, リー・ジャーミン, ジャン・ウェン, チュー・リン, ヤン・ジェンポー

 ・ amazon : 単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Miles
 ・ amazon prime : 単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Miles
 ・ Hulu : 単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Miles
 ・ U-NEXT : 単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Miles
 ・ Youtube : 単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Miles

単騎、千里を走る。(2006) / Riding Alone for Thousands of Milesのあらすじ

静かな漁村に暮らす高田剛一(高倉健)は、久々に東京に向かう。嫁の理恵(寺島しのぶ)が電話で、剛一の息子、健一(声:中井貴一)が重病で父親に会いたがっていると知らせてきたのだ。しかし、入院している健一は、長年にわたる確執から父親に会うことを拒んでいた。打ちひしがれ、病院をそっと抜け出す高田に、理恵はビデオテープを渡す。テープを再生した高田は、息子が千年以上にさかのぼる、宗教的儀式にまつわる演劇形態の研究をしていたことを知る。有名な俳優リー・ジャーミン(リー・ジャーミン)の舞踏を見るために、はるばる中国南部・雲南省まで向かった健一だったが、あいにくリーは病気のために歌を披露することができず、健一が翌年再び雲南省を訪れたら、『三国志』に由来する仮面劇『単騎、千里を走る。』を披露することを約束していたのだ。今となっては決して果たされない約束。高田は息子のやり残した仕事を成し遂げるために、リーの舞踏をビデオ・テープに撮ろうと単身、中国の麗江市へ旅立つ。手がかりは、舞踏家リー・ジャーミンという名前のみ。しかも高田の道案内をするチュー・リンは、おそろしく日本語がおぼつかない。遅々として進まない状況。言葉も分からないこともあって、苛立ちを隠しきれない高田は、やっとの思いでリーの元にたどり着くが、リーは生き別れになった息子ヤン・ヤンのことを思うと、『単騎、千里を走る。』を舞うことができないと言う。息子に一目会いたいと泣きながら懇願するリーに、高田はやむなくヤン・ヤンを迎えに行くことを決意する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 駅 STATION (1981) / Station

  2. 居酒屋兆治 (1983) / Izakaya Chōji

  3. 夜叉 (1985) / Yasha

  4. ごろつき無宿 (1971) / Patience Has An End

  5. 鉄道員 ぽっぽや (1999) / Poppoya Railroad Man

  6. 日本女侠伝 真赤な度胸花 (1970) / Bright Red Flower of Courage

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。